ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

錯視の数理とウェーブレット,Ducci数列問題(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20141202140503j:plain
f:id:okiraku894:20141202140514j:plain
f:id:okiraku894:20141202153501j:plain
f:id:okiraku894:20141202153520j:plain
一人目,ウェーブレット.ようやくスケーリング関数とウェーブレットの定義が落ち着いて,
スケーリング関数からウェーブレットを構成するところへ.
そうか,スケーリング方程式が丁度畳み込みのような恰好をしているから,
フーリエ変換するときれいに書けるのね.

f:id:okiraku894:20141202163353j:plain
f:id:okiraku894:20141202165734j:plain
二人目,Ducci数列.なるほど,単調型が満たすべき式は,トリボナッチだ.
で,そのトリボナッチの第n項からの4数の0-収束時間についての予想があるそうだ.
一方,以前に研究ネタとして提示した,mod2でn数問題を見たときの周期について.
一見不規則にみえて,色々な仕組みが隠れているようなのだが,何かな.
ん~,まかせた!