ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2019卒 | ゼミ2018卒 | ゼミ2017卒 | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

数理音楽,数独,ゲーム理論,出会いの数理(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20160421122658j:plain
一人目,数理音楽.今回はBachのコラールを数理モデルにする部分.
もともとの作品Mとそれをどう演奏するかを表す時間パラメータθなんてものまで
考えるってところが面白い.Ligeti-Boulez measure(何れも20世紀現代音楽の旗本)
なんてモノを途中定義してるが,これは何に使うのかな.
Bachのコラールについては差し当たり四声部のローカルな変化を
数理モデルとして定義したところまで.まだ続きはあるけど.

何にしてもLigetiの名が出てくるとは.Piano曲は好きなんでよく聴くけど.

リゲティ・エディション3 ピアノのための作品集

リゲティ・エディション3 ピアノのための作品集

  • アーティスト: エマール(ピエール=ローラン),リゲティ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1997/12/12
  • メディア: CD
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る


f:id:okiraku894:20160421142332j:plain
二人目,数独.そう,ついに数独になったのだ.
差し当たり話を聞いてどんな問題が考えられそうか見極めたい.
ラテン方陣だけでもいろいろ話題にはなるのだけどね.

「数独」を数学する -世界中を魅了するパズルの奥深い世界-

「数独」を数学する -世界中を魅了するパズルの奥深い世界-


f:id:okiraku894:20160421145448j:plain
三人目,出会いの数理.今日は最良選択問題としての出会いの数理.
こちらはさくっと理解できる話で,1日で話はまとまった.
さて問題は,どう卒論として深めていくか,だ.
そしてちょっと突っつけばいろんな問題が考えられる.
さて,どう料理していくか.

タイミングの数理―最適停止問題 (シリーズ「現代人の数理」)

タイミングの数理―最適停止問題 (シリーズ「現代人の数理」)


f:id:okiraku894:20160421160440j:plain
f:id:okiraku894:20160421163607j:plain
四人目,ゲーム理論.今日はNash均衡点の存在を証明した.
ブラウアーの不動点定理さえ認めれば,あとは線形の議論で証明できる.
で,次は何をするのかな?

ゲーム理論・入門 新版--人間社会の理解のために (有斐閣アルマ)

ゲーム理論・入門 新版--人間社会の理解のために (有斐閣アルマ)