ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

マッチング理論,トポロジカルインデックス(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20171012125358j:plain
一人目,マッチング理論.
1対多バージョンのDAアルゴリズムについて.
今回はDAの優位性についてなんだけど,ここにきて1対多であることによる困難が現れる.
1対1ならすぐに出る矛盾が,多になると矛盾に行き着かない.
で,ず~っと考えて結論出ず.
恐らく多の方での重複に注目すればいいのだと思うのだけど.

マーケットデザイン入門―オークションとマッチングの経済学

マーケットデザイン入門―オークションとマッチングの経済学

メカニズムデザイン―資源配分制度の設計とインセンティブ

メカニズムデザイン―資源配分制度の設計とインセンティブ

f:id:okiraku894:20171012135259j:plain
f:id:okiraku894:20171012150610j:plain
f:id:okiraku894:20171012152640j:plain
二人目,トポロジカルインデックス.
ペル方程式辺りで詰まってきたので,ピタゴラス数にまつわる話題へ飛んだ.
今回はとにかく既約ピタゴラス数とトポロジカルインデックスがどうつながるか,
具体的事例を観察した.とはいっても,どうやって毛虫グラフを探すのか,
についての手がかりはなく,漸化式もどこから来たものか分からない.
色々と謎を残しつつ,ピタゴラス数を生成する3行列にまつわる本を新たに貸した.
なんか進展するかな?

トポロジカル・インデックス: フィボナッチ数からピタゴラスの三角形までをつなぐ新しい数学

トポロジカル・インデックス: フィボナッチ数からピタゴラスの三角形までをつなぐ新しい数学

ピタゴラスの三角形とその数理 (数学のかんどころ 6)

ピタゴラスの三角形とその数理 (数学のかんどころ 6)