ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

ダウトの数理(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20180622115635j:plain
ダウトの数理.
先回から発想を変えて場合分けアプローチを諦めて,確率的な扱いに.
ダウトゲームに向けた最も簡単と思われるモデルを考え,カード枚数の増減についての期待値計算によって最適戦略を考える.
その結果として出すカードが全カードの数字の半分未満ならばダウトせず,半分を超えたらダウトする,という至極まっとうな結果になった.
さて,この後この単純すぎるモデルをどう実際のダウトに近づけていくか,が問われる.