ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2019卒 | ゼミ2018卒 | ゼミ2017卒 | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

保険数理,免疫モデル,数理音楽2(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20191113121645j:plain
一人目,保険数理.
なんとか損保でも一つネタを作りたいと格闘中だが,本日は地震保険について.
地震保険料については地域地域で国が定めているそうで,だからリスクデータが公にされているのでは,という期待を持って望むも,1年毎の収支相当で考えて良いものかどうかなど,今ひとつ突っ込みにくい.
とはいえ,もうあまり時間がないので突っ込んでもらうかね.

生命保険数理への確率論的アプローチ

生命保険数理への確率論的アプローチ

損保数理・リスク数理の基礎と発展―クレームの分析手法

損保数理・リスク数理の基礎と発展―クレームの分析手法

f:id:okiraku894:20191113140221j:plain
二人目,免疫モデル.
先週Lyapunovの計算で大きく進展し,その勢いで吸収項のあるモデルでもLyapunov関数を作り,安定性を確かめる計算をしてきた.
結果,実にうまく項がまとまって相加相乗にもちこめてしまう.
で,することがなさげだったので,

  1. そもそもLyapunov関数でなぜ安定性が言えるのかちゃんと示すこと.
  2. もっと次元の小さなモデルでこのタイプのLyapunovを作って,なぜ相加相乗が現れるのか観察すること.

などなどを課題にあげた.

「数」の数理生物学 (シリーズ 数理生物学要論 巻1)

「数」の数理生物学 (シリーズ 数理生物学要論 巻1)

生物集団の数学〈下〉人口学、生態学、疫学へのアプローチ

生物集団の数学〈下〉人口学、生態学、疫学へのアプローチ

  • 作者: ホルスト・R.ティーメ,Horst R. Thieme,齋藤保久
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る

f:id:okiraku894:20191113153913j:plain
三人目,Neo Riemann TheoryでのPLR群の決定.
位数12の群の分類に関する文献を読んできて,それをもとにPLR群を決定しようとしている.
もうちょっとかな,というところで会議が始まったので,撤収.

Tonal Pitch Space

Tonal Pitch Space

コード理論大全

コード理論大全