ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2019卒 | ゼミ2018卒 | ゼミ2017卒 | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

同期現象の数理,離散堆積問題(3年ゼミ)

f:id:okiraku894:20210129154012j:plain
f:id:okiraku894:20210129154833j:plain
一人目,同期現象の数理.
随分前に話した内容から,微分方程式解が正しいかの検証.
2枚めは,あるセルオートマトンがシェルピンスキーガスケットを形成するという出題への解答.
本質をついた,良い解答だった.

現象数理学入門

現象数理学入門

  • 発売日: 2013/09/28
  • メディア: 単行本

f:id:okiraku894:20210129162423j:plain
二人目,離散堆積問題.
今回は凸体のピラミッドの格子点数について.
これもよく観察すると母関数の言葉でキレイに求められる.
出てきた組合わせ的量をダイレクトに意味付けられないかな.