ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2019卒 | ゼミ2018卒 | ゼミ2017卒 | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

免疫モデル(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20191010120540j:plainf:id:okiraku894:20191010124825j:plain
一週空いた免疫モデル.
前回HIVモデルで,抗原多様性が更に増えたときの証明をしてくることになっていた.
前回の話を振り返れば,等式でなく不等式評価にすれば安定性が示される.
後半は,自己免疫モデル.
免疫細胞の増殖をモデル化した関数がちょっと嫌な形なので,平衡点を直接代入せずどこまでできるか試みた.
さてこの続き,やってみてごらん.

「数」の数理生物学 (シリーズ 数理生物学要論 巻1)

「数」の数理生物学 (シリーズ 数理生物学要論 巻1)

生物集団の数学〈下〉人口学、生態学、疫学へのアプローチ

生物集団の数学〈下〉人口学、生態学、疫学へのアプローチ

  • 作者: ホルスト・R.ティーメ,Horst R. Thieme,齋藤保久
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る