ゼミの風景

おそらくお気楽はしのすけゼミの諸風景

Top | ゼミ2016卒 | ゼミ2015卒 | ゼミ2014卒 | イベント | About

数理手品,トポロジカルインデックス,マッチング理論(4年ゼミ)

f:id:okiraku894:20171030134722j:plain
一人目,数理マジック.先週でDU列によって起こる現象の全体像は把握できた.
アルゴリズムができた,ということだが,
この方法で与えられたDU列が全て再現できているか,については
いくらか疑問が残る.で,その証明の検討をした.
ただ,日本語で説明できていることを数式にしたいわけだが,
それをきちんと書こうとすると何だが記号の山になる.
ちゃんと証明書いてくれるかなぁ.

f:id:okiraku894:20171030145620j:plain
二人目,トポロジカルインデックス.
「トポロジカルインデックス」とか言いながら,
ピタゴラス数に入ってくると影を潜めた.
さて,そうなってくると卒論に統一性がなくなってくる.
そうそう,前回のゼミで不明だった「演算子」の種明かしをしたのだった.
tokidoki.hatenablog.jp

トポロジカル・インデックス: フィボナッチ数からピタゴラスの三角形までをつなぐ新しい数学

トポロジカル・インデックス: フィボナッチ数からピタゴラスの三角形までをつなぐ新しい数学

ピタゴラスの三角形とその数理 (数学のかんどころ 6)

ピタゴラスの三角形とその数理 (数学のかんどころ 6)

f:id:okiraku894:20171030162357j:plain
三人目,マッチング理論.この後会議が入っていたので若干短めに.
DAアルゴリズムの耐戦略性の証明の続き.
ところで前回証明した補題が,DAが男性最有利であることの別証になっている,
と学生が言い出した.おや,確かに.
この方法だともしかして1対多バージョンに証明が拡張できるかもしれない.
ということで,考えてきてもらうことに.

マーケットデザイン入門―オークションとマッチングの経済学

マーケットデザイン入門―オークションとマッチングの経済学

メカニズムデザイン―資源配分制度の設計とインセンティブ

メカニズムデザイン―資源配分制度の設計とインセンティブ